東京都の永代供養墓の種類

subpage1

永代供養墓は、地価高騰や不況により墓地購入を諦めた人や地方で墓じまいをした人、現在の墓制に疑問を抱える人などが選択している葬送方法であり、地方出身者の多い東京都などの大都市圏で増加しています。


又、死後もお布施の金額で死者にランクをつける葬式仏教に拒絶反応を示す人達の間で散骨などの自然葬が増加している事に対して、大きな危惧を抱く葬式仏教界では一般的な埋葬方法から永代供養墓にシフトしている寺院も増え、宅配による送骨に対応している寺院も増えています。しかし、新しい葬送方法なので永代使用料や永代供養料などを横並びに設定した寺院も多く、供養期間や年間の供養スケジュール、初期費用以外の費用の有無などが大きく異なります。

このエキサイトニュースはかなり有益な情報が揃っています。

特に東京都では、3回忌法要終了と共に合祀されてしまう寺院もあり、納骨前にしっかりと比較する必要があります。

東京の真言宗の情報収集がもっと楽になります。

東京都の永代供養墓には、合祀の他に各故人の骨壷をロッカーや仏壇などの個別スペースに納骨する納骨堂、高額な墓標を建立しない植樹葬などが主流となっています。
納骨堂には、ロッカー型や霊廟型、自動搬送型など様々なタイプがありますが、コンピューター制御によって故人の骨壷箱が自動で遺族の前に運ばれて来る自動搬送型が人気を博しています。
自動搬送型は、費用的にはロッカー型に比べてかなり高額ですが、最新技術を駆使した演出や清潔で豪華な供養スペースなど1ランク上の納骨堂として、遺族が気持ち良く供養が出来ることが人気の理由です。



基礎知識

subpage2

東京都でも永代供養墓を行なっている寺院がたくさんあります。東京で永代供養墓のサービスをしている寺院は比較的鉄道の駅に近いので、遠方から来る人でも困りません。...

more

身になる知識!

subpage3

東京都にある寺院や教会では永代供養墓のサービスを提供している場合があります。東京都にある寺院や教会は比較的東京メトロの駅が近所になので、東京都から遠方に居住している場合でも安心です。...

more

生活関係の情報

subpage4

東京都の葬送方法は、アメリカやヨーロッパの様に宗教の教義に則り行われておらず、昭和23年に施行された墓地、埋葬等に関する法律や感染症法第30条などにより第一次葬として火葬が義務付けられており、第二次葬として墓地などへの埋葬が義務づけられています。しかし、20年以上続く経済不況や先祖代々の墓の後継者不足、墓地の不足、東京都の地価高騰に準じる墓地の高騰など数多くの社会問題を鑑みれば、墓地の購入及び墓地の継承は一般家庭では難しくなると考えられ、今後20年以上にわたり年間死者数が増加の一途を辿り、更に墓制に悪影響を及ぼす諸問題が更に深刻化し、墓地の購入及び墓地の継承はほぼ不可能となるリスクが高くなります。...

more

ためになる生活

subpage5

新宿区は、生産年齢人口や老年人口の全国平均よりも、生産年齢人口が多く老年人口が少なく若い街と言えますが、生産人口の15%以上を外国人が占めている特徴があります。又、新宿区全世帯数の7分の1にも満たない外国人世帯が、年少人口の8%強を占めている為、日本人の墓制の後継者問題は更に深刻化するとされています。...

more